ニュース

2015年度

2015.11.16河本,日浦らの論文「認識対象に適した符号化開口形状の設計と評価」が情報処理学会論文誌に採録されることが決定しました.

2015.9.9宮崎,實重らの論文「擬似的な陰影を知覚させる油絵の具の混合」が,画像電子学会論文誌に採録されることが決定しました.

2015.8.25馬場,中根らの論文 "Simulation of Real Tilted Lenses Using Distributed Ray Tracing" が,IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computingに採録されることが決定しました.

2015.7.30大阪で開催された画像の認識・理解シンポジウムMIRU2015において,日浦が MIRU Outsitanding Contribution in Reviewing を受賞しました.

2015.7.30大阪で開催された画像の認識・理解シンポジウムMIRU2015において,発表「スリット状符号化開口を備えたプロジェクタによる奥行き範囲の広いアクティブ 3 次元計測手法」が MIRUインタラクティブ発表賞を受賞しました(古川,日浦).

2015.7.28-30大阪で開催された画像の認識・理解シンポジウムMIRU2015において7件の発表を行いました.

2015.7.27大阪で開催された画像の認識・理解シンポジウムMIRU2015において,日浦が「コンピュテーショナルフォトグラフィ:理論面・応用面における近年の展開」と題したチュートリアル講演を行いました.

2015.7.9東京で開催された3次元画像コンファレンスにおいて,日浦が「コンピュテーショナルフォトグラフィ」と題した特別講演を行いました.

2015.6.30-7.1東広島で開催された情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 第159回研究発表会において,馬場が「チルトレンズのカメラキャリブレーションとCGによる再現」と題した発表を行いました.

2015.6.28-29姫路で開催されたVisual Computing / グラフィクスと CAD 合同シンポジウム 2015において,馬場が「全方位画像の影領域を利用した光源環境推定」と題した発表を行いました.

2015.5.21大阪で開催された第59回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’15)において,日浦が「撮像のあり方を変えるコンピュテーショナルフォトグラフィ技術」と題した講演を行いました.

2015.5.20東京で開催されたMVA2015において,宮浮ェ "Metamerism-Based Shading Illusion" と題した研究発表を行いました.

2015.5.14東京で開催されたロボット工学セミナーにおいて,日浦が「実シーンの計測・認識を高度化するコンピュテーショナルフォトグラフィ技術」と題した講演を行いました.

2015.4.1研究室にB4が14名,B3が1名,新しく配属されました.

2014年度

2015.3.25古川が平成26年度職員表彰を受賞しました.

2015.3.23卒業式・学位授与式が行われました.研究室からは修士4名,学士15名が誕生しました.

2015.3.6広島で開催された動的画像処理実利用化ワークショップDIA2015において,松本が「心電同期CT画像における左心室の対応点追跡の検討」と題した研究発表を行いました.

2015.3.5広島で開催された動的画像処理実利用化ワークショップDIA2015において,日浦が特別企画セッション「RGBカラー画像をこえて」をオーガナイズし,その中で宮浮ェ「画像応用としての偏光」と題した講演を行いました.

2015.2.1浅井智朗特任助教が着任しました.

2015.1.23情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会において,日浦が「拡散反射成分と鏡面反射成分の定義に基づく分離」と題した研究発表を行いました.

2014.11.29馬場,小川らの論文 "Shape Measurement of Hiroshima A-bomb Mushroom Cloud from Old Photos" が,IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computingに採録されることが決定しました.

2014.11.13情報処理学会コンピュータビジョンとイメージメディア研究会において,宮崎が「擬似的な陰影を知覚させる油絵の具の混合」と題した研究発表を行いました.

2014.8.13高木,青山らの論文 "Computerized determination of the likelihood of malignancy of pulmonary nodules using high-resolution CT and positron emission tomography scans" が,英文論文誌 Advanced Biomedical Engineeringに採録されることが決定しました.

2012.7.31画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014) にて,古川がMIRU優秀論文賞を受賞しました.

2014.7.28-31岡山で開催される画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014)において,研究室から5件の発表を行いました.なお,研究室メンバーが共著者となっている論文はオーラル発表2件を含む7件です(渡辺,奥下,増谷,河本,松本).

2014.6.28-30東京で開催されるVC/GCADシンポジウムおよび情報処理学会グラフィクスとCAD研究会において,研究室から3件の研究発表を行いました(伊藤,中原,坪石,馬場).

2014.6.24馬場,立野らの論文 "Multi-Perspective Rendering of a Real Object Using a Handheld Camera" が,IIEEJ Transactions on Image Electronics and Visual Computingに掲載されました.

2014.4.15宮崎,高橋らの論文「メタメリズムアート制作のための油絵の具の混合比率推定」が,電子情報通信学会論文誌(MIRU2013特集号)に採録されることが決定しました.

2014.4.1研究室にM1が1名,B4が14名,新しく配属されました.

2014.4.1増谷佳孝教授が着任し,医用画像工学研究室が発足しました.

ニュース(バックナンバー)へ